同窓会で輝くために、毎日がうるおうために、40代のハリを保つために。アミノ酸と和漢成分、天然成分に加えビタミンを理想的なバランスで配合したサプリメント。若々しさを底上げするために毎日お召し上がりください。

連載コラム「美のリズム」
国際薬膳師 岡尾知子

vol.4
涼しい秋にこそ
スキンケアを念入りに

10月の二十四節気は「寒露」と「霜
降」。露が冷たく感じられたり、朝
夕に霜が降りたり、冬にはまだ早い
とはいえ一気に冷たい季節に向かい
ます。でも実際の10月は、一年の
中でも最も過ごしやすい時季です。
からりと晴れた秋空の下で、気分も
活動的になりますが、この時期でも
気をつけたいのが肌の状態です。
自分の肌がどのタイプかを確認し
適切な手入れをしていきましょう。

メラニンのダメージ

シミの原因といえばメラニン色素。
でも、本来は紫外線から肌を守る
ためにできるもので、決して無駄な
ものではありません。メラニンが
シミになってしまうのは肌のターン
オーバーが乱れ古い角質やメラニン
の排出がうまくいかないから。次の
ような方は、このタイプです。

■肌に触れたときゴワつきを感じる
■化粧水の浸透が悪い
■夏にたくさん日差しを浴びた
■肌全体がグレーっぽい

このタイプの方は、肌の代謝を高め
るケアが有効。角質ケアの美容液を
使ったり、蒸しタオルやコットン
パックで硬くなった角質をゆるめる
ケアが有効。そのうえで、しっかり
保湿の手入れを行いましょう。

秋からのカサカサ対策

大量に汗をかいたり、エアコンの
効いた部屋で一日を過ごしたりした
炎暑の夏。こうした生活環境が遠因
で、秋になってから肌の乾燥が進み
ます。さらに、通常より多くの汗を
かいたあとは、かえって保湿ケアが
おろそかになりがちです。次の項目
に当てはまる方は肌の乾燥がかなり
進んでいる可能性があります。

■毛穴の開きが目立つ
■肌に艶、透明感がない
■目の周り等にかゆみ・赤みが出る
■夏場は化粧水だけで過ごした

このタイプの方は、とにかく保湿に
力を入れて! 化粧水だけでなく、
クリームやオイルで油分を補い、
与えた潤いを、しっかり肌に留め
ましょう。洗浄力の強いオイルクレ
ンジングは、肌の潤いまで奪う可能
性があるので、ミルク、クリームと
いったやさしいメイク落としを使っ
てください。

巡りをよくする

肌のくすみの大きな原因のひとつが
血行不良。酷暑でエアコンの効いた
部屋にこもりきりという人も多く、
とくにこのタイプが増えているかも
しれません。次に当てはまる方は、
注意が必要です。

■手足が冷たい
■シャワーで済ませることが多い
■運動不足である

このタイプの方は、巡りをよくする
ケアを行いましょう。肩や首をスト
レッチしたり、お風呂でマッサージ
したりが有効。さらに顔の表情筋を
意識して動かして、笑顔をつくった
りしてほぐすのも効果的です。気温
が下がってくる本格的な秋に向けて
血行をよくすることで美肌を底上げ
していきましょう。

今の時季にしっかりケアしておけば
乾燥がひどくなる晩秋から冬に向け
健康的な美肌でいられます。自分に
合った手入れで肌ダメージを一掃
しましょう。

岡尾知子
国際薬膳師

「ロータス薬膳教室」主宰。美容・健康ライターの仕事を通じ東洋医学に関心を持ち、薬膳、漢方を学ぶ。講師活動のほか、雑誌、WEBなどで、暮らしに役立つ薬膳や養生に関する情報を発信する。