連載コラム「美のリズム」
国際薬膳師 岡尾知子

vol.7
一年でもっと美しく!
若さのための10の約束

1月の二十四節気は、小寒と大寒。 一年で最も寒い時季を寒(かん)と いいますが中でも25日から29日 頃は、七十二候で水沢腹堅(さわみ ずこおりつめる)という、流れる水 さえ厚く凍る季節です。
冬のキーンとした寒さは肌に気持ち のいいもの。都会を少し離れれば、 澄み渡る冬の夜空に輝く星座を見 つけることができます。そんな、 きりりとした空気を楽しみなが ら、一年のプランや目標を立て てみましょう。

そこで今回は、年齢を重ねても若さ と美しさを保つための美容習慣を挙 げてみました。一年の始まりに、で きるものから、取り入れてみてくだ さい。

若さの決め手
成長ホルモンの
分泌を促す

夕食後はスマホを見ない

数あるホルモンの中で、老化防止に ダイレクトに関わるのが成長ホルモ ン。成長ホルモンは睡眠中、とくに 入眠後の深い睡眠の時間帯に分泌が 促進されます。睡眠の質を高めるた めにはお休み前に心身をリラックス させることが重要です。夜に強い光 を浴びると、活動時に活発になる交 感神経が優位になり、リラックスモ ードへの切り替えがうまくできませ ん。そして成長ホルモンの分泌が低 下することになってしまいます。 夕食後から寝るまでは、休息の時間 と考え、パソコンやスマートフォン の画面をなるべく見ないように習慣 づけましょう。

目覚めたら朝日を浴びて深呼吸

ホルモンや体温、内臓の機能などを コントロールするのは、自律神経 です。
自律神経のバランスを整えるのに重 要なのが起きですぐの時間。朝、目 が覚めたら、まずカーテンを開け、 朝日を浴びましょう。目から明るい 光が入ると自律神経は活動モードで ある交感神経に切り替わり「幸せホ ルモン」と呼ばれるセロトニンが分 泌されます。そして深い腹式呼吸を すれば、セロトニンの分泌がさらに 促され、ゆったりと幸せな気分にな れるのです。たった15秒の毎朝の習 慣で一日のリズムが整い、心も体も 軽快な一日を送れます。

食事や運動で
内側から美しく

朝の白湯で気分をスッキリ

冷え症、便秘、むくみがちな方にお 勧めしたいのが朝の白湯です。白湯 とは50〜60度くらいの温かいお湯の こと。起き抜けの何も食べていない 状態で白湯を1杯飲むと眠っていた 内臓が動きだし、栄養を代謝したり 老廃物を排泄したりといった機能が 活性化します。また、全身を温め、 血流を促す効果も期待できるので、 美肌づくりやダイエットのサポート にもなるでしょう。

発酵食品を食べる

最近の研究で腸は体の免疫機能の担 い手であり、体全体に関わっている ことがわかってきました。腸内環境 を整えるのは、腸内細菌です。体に 有益な善玉菌が優位であれば、アン モニアなどの有害物質の増殖を防ぐ ことができ、病気の予防につながり ます。それには、腸内環境を整える 発酵食品を摂ることです。チーズ、 ヨーグルト、納豆、みそ、漬物、 甘酒などを積極的に摂って、免疫力 を高めましょう。

座り続けずこまめに立って歩く

体重は増えていないのに体形が変わ ってきた…。大人世代のこんな悩み は、年齢による基礎代謝の低下が 原因のひとつです。運動する習慣 がない方には、日常生活の中での 狆動き瓩有効です。1時間す わって作業をしたら、立ち上がって 屈伸運動や伸びをする、使ったもの をこまめに片付ける、など、1時間 ごとにちょこちょこ動くだけでOK。 すわりっ放しをやめて動く癖をつけ ることが、太りにくい生活の第一歩 です。

1日に一度、空を見上げる

現代人に多い肩や首の凝り。 その原因は目の酷使にあるといわれ ています。例えばスマホ。画面を見 るときは、首が極端に前傾し、他の 動作ではあり得ないほど姿勢が悪く なります。1日に一度は背すじを伸 ばし、胸を開いて空を見上げてみま しょう。それだけで呼吸が深くなり まっすぐな美しい姿勢を保てます。

バスタイムは必ず湯船につかる

疲れを翌日に残さないことも、美と 健康の秘訣。一日の疲れをとる最良 の方法は、湯船に浸かることです。 入浴には、温熱の効果、水圧の効果 浮力の効果があり、3つの効効果に よって血流が改善し、むくみも解消 リラックスできます。
寝る前に体を温めれば上がった体温 が下がることによる快眠効果も得ら れます。入浴剤やボディソープなど で香りを楽しめばさらに充実のバス タイムに。

明日できることは、明日に回す

やることが多すぎて、やろうと思っ たことが終わらない。確かに一日 は、あっという間。だからこそ、生 活の中にちょっとした余裕をもつ事 がたいせつです。待ち合わせの場所 に30分早く行ってお茶を飲む、今 日やらなくていいことは、明日に回 す。あわただしい毎日に少しだけゆ とりができると、気分がゆったりし ます。余裕のある人は、周りの人の 目にも素敵に映るものです。

自分のための時間をもつ

人生は自分だけのもの。家族や社会 のために頑張っている方も自分のた めの時間を大切にしてください。 「いつかやりたい」「暇ができたら やろう」と思っていることがあるな ら、少しだけでも始めてみてはいか が? 自分の中の好奇心や可能性の 芽を育てることで、内面の美しさに 磨きがかかります。今年は、そんな ワクワクする瞬間をぜひ増やしてい ってください。

小さな目標を立てる

日々を充実させるのに役立つのが、 小さな目標を立てることです。 「この本を読む」「部屋の模様替え をする」「断捨離をする」などなん でもOK。達成可能な小さな目標があ ると、日々、充実した時間を過ごす ことができます。
年齢を重ねても、常に前を向いて暮 らす。それが心身ともに若さと健康 を保つ大事な秘訣です。
いくつになっても若々しく、きれい な人は、ちょっとだけでも人と違う ことを実践しているものです。 少しの心がけですが、続けることで 生活も人生も上向きに変わってくる ものです。

岡尾知子
国際薬膳師

「ロータス薬膳教室」主宰。美容・健康ライターの仕事を通じ東洋医学に関心を持ち、薬膳、漢方を学ぶ。講師活動のほか、雑誌、WEBなどで、暮らしに役立つ薬膳や養生に関する情報を発信する。