同窓会で輝くために、毎日がうるおうために、40代のハリを保つために。アミノ酸と和漢成分、天然成分に加えビタミンを理想的なバランスで配合したサプリメント。若々しさを底上げするために毎日お召し上がりください。

連載コラム「美のリズム」
国際薬膳師 岡尾知子

vol.3
肌を内側から支える
5つのポイント

9月の二十四節気は「白露」と
「秋分」です。「秋分」は、自然界
が「陽」から「陰」に切り替わる時
にあたり最も体調を崩しやすい時季
です。秋とはいっても暑さがとくに
厳しかった今年は、体がいつもより
消耗していますから、この時期に
しっかり立て直しを図りましょう。
肌の乾燥が進むと化粧ののりが悪く
なって、小じわやたるみが進行して
しまいます。さらに肌のバリア機能
が低下して肌荒れが起きたり敏感肌
に陥ってしまったりすることもある
のです。

この時期に行いたいのは、体の水分
不足を根本から補うインナーケア。
そこで、美肌にも有効な、インナー
ケアの5つのポイントをご紹介して
いきましょう。

アミノ酸をたっぷり摂る

第一が、肌の材料であるタンパク質
を構成するアミノ酸。アミノ酸は、
肌の水分保持に欠かせない天然保湿
因子(NMF)や、肌のハリ・弾力
を支えるコラーゲン、エラスチンの
原料でもあります。
食事で摂るなら、肉や魚、豆腐、
乳製品といったタンパク源を
しっかり食べましょう。

ビタミンB群で代謝を活発に

ビタミンB群は栄養素をエネルギー
に換える際に欠かせない存在。
中でもビタミンB2は肌との関係が
深く、細胞の代謝をサポートして
くれます。
豊富に含む食材はうなぎ、サバなど
の青魚、卵、納豆など。水溶性
ビタミンなので、毎日心掛けて摂る
ことが肝心です。


適度な脂質で潤いアップ

なめらかな肌を保つのためは、適度
な脂質も必要。脂質にはいろいろな
種類がありますが、最も摂りたい
のはDHA、EPA、α-リノレン
酸などの「オメガ3」脂肪酸です。
オメガ3脂肪酸には、老化の引き金
となる炎症を抑えたりたり、血液を
サラサラにしたりする作用があり
ます。魚の脂や、エゴマ油、アマニ
油、シソ油などに含まれるので意識
して献立に取り入れるようにすると
よいでしょう。

ビタミンEの若返りパワー

肌老化が進む大人世代の女性に大切
なのが、「若返りのビタミン」と
いわれるビタミンEです。ビタミン
Eには、老化の原因となる活性酸素
を抑える働きがあり、血液中の
コレステロールの酸化を防いで血液
循環をサポートします。食材では、
かぼちゃ、アボカド、ナッツ類に
多く含まれています。意識して
食べるようにすれば、冷えやコリの
予防にもなります。

秋には白い食べ物を

東洋医学に基づく薬膳では「秋には
白い物を食べるのがいい」とされて
います。白は、五臓の「肺」に作用
する色。体のバリア機能を担う皮膚
も呼吸器官の「肺」と密接な関わり
があります。
薬膳で体に潤いを与えるとされる
食材の中には白きくらげ、白ごま、
牛乳、卵、梨など、白い食材がいろ
いろありますので、ぜひ取り入れて
みてください。
根本から美肌を目指すなら、スキン
ケアだけでなく食事やサプリメント
で内側から補うことも大切です。
5つのインナーケアも意識して乾燥
の季節に備えましょう。

岡尾知子
国際薬膳師

「ロータス薬膳教室」主宰。美容・健康ライターの仕事を通じ東洋医学に関心を持ち、薬膳、漢方を学ぶ。講師活動のほか、雑誌、WEBなどで、暮らしに役立つ薬膳や養生に関する情報を発信する。