40代から美しく輝く!若さと美肌のために、毎日の暮らしの中で気をつけたい食事や習慣についての連載です。ドクターホソノ美容の達人達人株式会社の公式サイトで連載中。

連載コラム「美のリズム」
国際薬膳師 岡尾知子

vol.5
「温め」だけじゃない
冬本番前の猯笋┝茲蠕験茘

11月の二十四節気は「立冬」と「小
雪」。自然界は徐々に葉を枯らし、
休息の時期に入ります。東洋医学の
古典には、「冬は閉蔵」の季節と記さ
れています。閉蔵とは、万物が枯れ
て活動的なエネルギーを内に潜伏さ
せた状態のこと。寒い冬はパワーを
消耗させないように心がけ、ゆっく
り過ごすのが、自然の変化に合わせ
た健康な暮らし方だと考えられてい
ました。

寒さが厳しくなって冷えが深刻にな
る前に、体の準備をしておくことが
大切です。

そこで、冷えの原因をチェックして
いますぐ実践したい予防のポイント
をご紹介します。特に冷え性の方は
思い当たる原因がないか確認したう
えで、生活改善を行いましょう。

原因1 血液循環の悪さ

冷えときくと、体が物理的に冷えて
いると考えるかもしれません。でも
それは大きな勘違い。私たちの体に
は恒常性(ホメオスタシス)を維持
する機能が備わっていて、寒い冬で
も平熱がきちんと保たれます。では
なぜ冷えるのか。理由は、血液循環
が悪くなるからです。血液は体の熱
をすみずみまで届ける役割を果たし
ていますが、血流が滞ると手足の末
端まで血液が行き渡らず、冷えが進
んでしまうのです。

筋肉の減少、運動不足

筋肉の減少も、重要な冷えの原因の
ひとつです。体の中で最も多くの熱
を生み出しているのが筋肉。男性よ
り女性に冷え性が多いのは、筋肉量
が少ないからにほかなりません。日
ごろから運動不足の人は、筋肉によ
る熱の産生量が少ないため、冷えに
陥りやすくなります。さらに加齢に
よって成長ホルモンが減少すると筋
肉量はますます低下。ますます冷え
が深刻化する恐れがあります。

ストレス、リズムの乱れ

体温調節機能をコントロールしてい
るのは体の司令塔である自律神経。
暑いときは血管を拡張させて体温を
発散させ、寒い冬は血管を収縮させ
て熱を逃がさないようにします。ス
トレスや、生活リズムの乱れによっ
て自律神経のバランスが崩れると、
体温調節がスムーズにできなくなり
ます。そうなると体が冷えてしまい
ます。寝不足だと手足が冷たく感じ
るのは、自律神経の乱れによるもの
と考えられます。

4つの冷え対策

冷え症を根本から改善するなら、厚
着をして体を温めるだけではダメ!
こんな工夫をしてみましょう。

朝いちばんで体を動かす

東洋医学では、体を温める「陽気」
は朝から昼にかけて増加するといわ
れています。この陽気をしっかり体
に取り入れるために、午前中にしっ
かり体を動かして活動しましょう。
おすすめは、朝いちばんの軽い筋ト
レ。特に、お腹、お尻、太ももなど
の大きな筋肉を使うのが有効です。
腹筋やスクワットなどを、辛く感じ
ない回数でよいので、毎朝続けてみ
てください。

筋肉の材料アミノ酸を補給

熱を発する主役である筋肉を減らさ
ないためには食事が肝心。やせたい
からと厳しい食事制限を行うのはや
めましょう。特に重要なのは筋肉の
材料となるタンパク質をとること。
肉、魚、卵、乳製品、大豆製品など
をきちんととってください。不足し
がちな方は、アミノ酸のサプリメン
トを利用するのもよいでしょう。

深い呼吸で巡りをよくする

体温調節を担っている自律神経の調
整には深呼吸が有効です。特に仕事
や家事に追われているようなときは
無意識のうちに呼吸が浅くなってい
るもの。そんなときは体を伸ばしな
がら、ゆっくりと息を吸い、深呼吸
してみましょう。心身の緊張がゆる
み、自然と血液循環が促されます。
仕事の合間や食事の前、お風呂に入
ったときなど、ホッと一息つくとき
の深呼吸でリラックス。

ぬるめのお風呂で
疲れを解消

自律神経のリズムを整えるのに最も
重要なのが熟睡です。ぐっすり眠れ
ないという方は、寝る前にシャワー
だけで済ませずに、ぬるめのお湯
に浸かって心身をリラックスさせま
しょう。お好みの香りの入浴剤を入
れるなどしてリラックスすれば日中
のストレスがほぐれます。ぐっすり
眠ってすっきりと目覚めましょう。

いかがですか? 冷え性の方は、ま
ずはご自身の生活を振り返り、冷え
の原因を取り除く生活習慣の改善を
行ってください。

岡尾知子
国際薬膳師

「ロータス薬膳教室」主宰。美容・健康ライターの仕事を通じ東洋医学に関心を持ち、薬膳、漢方を学ぶ。講師活動のほか、雑誌、WEBなどで、暮らしに役立つ薬膳や養生に関する情報を発信する。